Office2007全般

リボンの採用

スポンサードリンク

今年(2007年)からOffice2007が登場しましたが、
見た目の違い、操作性の違いに戸惑っておられる方もいるのではないでしょうか?
見た目の最大の変更点はリボンの採用だと思います。

リボンとは、タブ型のツールバーのことです。
すべての機能がリボンから使用できますので、従来のようにツールバーかメニューバーか迷う必要が無くなりました。
実際、ツールバーから探せない機能をメニューバーから探す場合に混乱される方がいます。

しかし、従来であれば、困った場合にはメニューバーの使い方さえ覚えておけば大丈夫だったのですが、今回はリボンの配置、タブの項目を覚えないといけません。
極端な話、はじめはメニューバーだけを覚えて、慣れてくれば便利なツールバーを覚えるというのもありだったような気がします。

個人的な感想ですが、初心者の方ほど文字のほうが覚えやすい傾向にあるようです。
特にノートにメモするときに、「書式」「編集」などはメモしやすい詩ですが、アイコンの絵をメモするのは容易ではありません。
メニューバーも設定で表示できればよかったのになと思います。

使い勝手は悪くありません。
ある程度使える方は、すぐに慣れるのではないでしょうか?
ただ、特殊な機能が探しづらかったり、リボンのタブの分類を覚えるのは時間がかかりそうですね。

スポンサードリンク

2007年03月30日 10:08