本を読んで勉強する

本を使っての勉強の注意点

スポンサードリンク

本を使って勉強する方法を書きましたが、
少しだけ注意点を書いておきたいと思います。
それは、

「本に書いてることは100%正しいとは限らない」ということです。
まず、一般的に良くあるのが誤植です。これは、かなりの本にあるでしょう。
ひどいものになると、まったく逆の言葉になっているものもありますので、注意が必要です。

もちろん、誤植の結果、逆になっただけなので、意味を理解していれば気付くのですが、
まだ、理解していない人は、混乱の原因になります。
最近は、インターネットで誤植はチェックできる本も多いので、
おかしいなと思ったら、チェックしてみましょう。

それと、これは間違いというわけではないのですが、
「非常に遠回りなやリ方」が紹介されている本があります。
Excelで、表示形式の変更で済むものを、
あえてややこしい関数を複数使って解説していたりします。

ソフトのバージョンアップに著者が対応していない可能性もあります。
昔のバージョンの本を加筆修正した本などは、基本機能は古いままというのも、たまにあります。

ですから、初めは本の通りに進めれば良いですが、
それが最良の方法と思わずに、「もっと良い方法は無いか?」を追求することで、
どんどんとスキルがあがっていくと思います。


スポンサードリンク

2006年03月20日 20:02