Windows XPの基本を勉強しよう

切り取り、コピー、貼り付け

スポンサードリンク

Windowsの基本ということで、切り取り、コピー、貼り付けをやってみたいと思います。

切り取りは、作業中の文章や絵などを消して、パソコンの中のクリップボードと呼ばれる部分に一旦保存します。
貼り付けは貼り付け、マウスでクリックして場所を指定して、クリップボードに保存した文章や絵などを復元する方法です。
コピーは、クリップボードにはコピーを移動させるので、元の文章や絵は消えません。

ソフトを使用している場合は、ソフトの操作方法になりますが、
通常は、右クリックして出てくるポップアップ画面に、3つの命令が含まれています。
ドラッグまたはクリックで、文章や絵、アイコンなどを選択し、
あとは、右クリックから切り取りまたはコピーを選び、
任意の場所をマウスで指定して、右クリックで貼り付ける流れになります。

非常に基本的な操作ではあるのですが、実は資格試験を受けるような方でも、
画面上のアイコンのコピーができない方なども意外とおられます。
Word(ワード)やExcel(エクセル)などのソフトだけでなく、
デスクトップやフォルダのアイコンも同様に行うことができます。


スポンサードリンク

2006年07月05日 10:35