Windows XPの基本を勉強しよう

IMEについて

スポンサードリンク

IMEとは、日本語を入力するためのソフトのことです。
MS-IMEは、Windowsに標準搭載されています。
また、その他としては、ジャストシステムのATOKが有名です。

よく、Wordなどで文字の変換などのトラブルが起こったときに、Wordがおかしいと言われるのですが、
実は、日本語に変換しているのは、IMEなのです。
ですから、同じWordを使っていても、ATOKで文字変換をすれば操作方法は変わってきます。
余談ですが、パソコンでトラブルを解決するには、原因の追究というのが大切になってきます。
このときに、目をつける場所を間違えていると、なかなか解決できません。
今回のケースでは、原因がWordなのかIMEなのか。
一般的なことでは、「使用しているアプリケーションが原因か?OSが原因か?」等です。

ですから、ここでは、IMEの存在というものをはっきり認識していただきたいと思います。
いわゆる言語バーと呼ばれるものが、このIMEになります。
では、MS-IMEの言語バーの仕様を順番に見ていきましょう。

入力方式
IMEに入力方式を選びます。MS-IMEにも「IMEスタンダード」と「ナチュラルインプット」があります。
これを切り替えます。
現在は、「IMEスタンダード」を使用しておくほうがよいでしょう。

入力モード
キーを押したときに、入力される文字のモードを選びます。
「ひらがな」であれば、ひらがなが入力されます。
通常はここにしておきます。
直接入力モードは、変換操作を行わず押したキーの文字がそのまま入力されます。
キーボードの半角/全角キーを押すと、直接入力とその他のモードが交互に入れ替わります。
「ひらがな」を選んでいれば、「ひらがな」と「直接入力」が入れ替わります。

変換モード
変換するときのモードです。
「人名/地名」や「話し言葉優先」などを選べます。
IMEには、「人名地名辞書」や「話し言葉顔文字辞書」などのように、
様々な辞書が登録されています。
その全てが出てくると変換するときに大変なので、ここで使う辞書を絞ることが出来ます。
その設定は、「ツール」から出来ます。

IMEパッド
読みのわからない感じを入力するときに使います。
手書きで調べたり、画数などから調べたり出来ます。

ツール
プロパティで各種設定を行ったり、辞書ツールに任意の文字を登録することが出来ます。

スポンサードリンク

2006年08月04日 17:32