Word編

自動的に補ってくれる機能いろいろ

スポンサードリンク

入力時に自動的に補ってくれる機能です。結構便利ですよ。

「記」と入力すると「以上」が入力される
知っている方には当たり前の機能ですが、自己流で覚えた方は意外と知らない人がいます。
「記」と入力して、Enterキーを押すと、自動的に「記」は中央揃えになり、
空白行を1行あけて、「以上」が右揃えで表示されます。

元号を入力すれば今日の日付が入力できる
例えば、「平成」と入力し、確定した後に再度Enterキーを押すと自動的に今日の日付が入力されます。
これもビジネス文書で日付を入れたいときに便利です。

あいさつ文が入力できる
「拝啓」などの頭語を入力し、確定した後再度Enterキーを押すと、
自動的に、空白行を1行あけて、「敬具」などの結語が右揃えで表示される。
さらに、あいさつ文ツールバーが自動で表示されるので、
あいさつ文、起こし言葉、結びの言葉を選ぶだけで定型的な文章が書けます。

これらの設定はどこにある?
実は、これらは設定してあるから実行されています。
その設定はどこにあるのでしょうか?
メニューバーを「ツール」ー>「オートコレクトのオプション」とクリックして、
「入力オートフォーマット」のタブをクリックします。
すると、様々な設定が表示されます。
ワードを使っていると、時々必要も無いのに入力が修正されてしまうことがあります。
その場合は、こちらをチェックしてみてください。

スポンサードリンク

2006年03月23日 19:37