Word編

挿入した図形がうまく動かない。

スポンサードリンク

図の挿入で挿入した図がドラッグで思ったように配置できない。
図を動かすと文字がずれるという話をよく聞きます。

これは、独学で学んだ方が結構悩むことのようです。
会社などでは、ちょっとした文章ならExcel(エクセル)作る方が多いようです。
Excel(エクセル)では、図を挿入するとドラッグで自由に配置できます。
しかし、Word(ワード)では、それができないので、悩むようです。

Word(ワード)には、常に「行」という考え方が出てきます。
貼り付けた図は、「行の中」に貼り付けられます。
つまり、「1文字」として扱われるわけです。
例えば1行の中で1文字だけ、
大きな文字を入力すれば、どうなるでしょうか?
文字文字文字文字
このようになり、小さい文字の上は大きい文字の高さ分、空白になります。
この大きい文字が挿入した図に当たるわけです。

図を挿入し、選択すると、「図ツールバー」が表示されます。

表示されない場合は、ツールバーの空いたところで右クリックし、
「図」を選ぶと、出てきます。
図ツールバー上に「テキストの折り返し」というボタンがあります。
それをクリックすると、「行内」というところが選ばれていることがわかると思います。
「行内」になっているから、行の内側ということで1文字扱いにされるということになります。

例えば、「前面」を選んでみましょう、。
そうすると、図の周りのハンドルが「黒い四角」から「白い丸」に変わったと思います。
この状態なら、どこでも自由に配置することが出来ます。

ちなみに、「テキストの折り返し」には他にも項目があります。
これは、文字がどのように図形をよけるかを選ぶことが出来ます。
先ほどの前面の状態では、文字の上に図を持っていくと、文字が消えてしまいます。
しかし、例えば、「四角」を選ぶと文字は図をよけてくれます。
「四角」とは、図がどんな形でも四角くよけてくれるというものです。
「上下」を選ぶと、左右には一切文字が入りません。
具体的に、文字の中に図をおいてみて、順番に選んでみると、
どのようによけるかが、わかると思います。

ちなみに、簡単に書いておくと、
行内→行の内部に図を置く
四角→四角の形に図をよける
外周→図の外側の白い部分も文字が回りこんでくる
背面→文字の後ろに図が入る(重なるが文字は見える)
前面→文字の前に図が入る(重なって文字が見えない)
上下→文字が図の上下によける(左右には文字が入らない)
内部→通常は外周と同じと思ってもらってかまいません
    (違いはあるのですが、ほとんどの場合は同じです。ここでは省略します)

まとめ
・自由な位置に配置したいときは、テキストの折り返しを「行内」以外にする
・テキストの折り返しは、文字のよけ方を表す
・とにかく、試してみて覚えていく


スポンサードリンク

2006年06月25日 11:42