Word編

クリックアンドタイプを使おう

スポンサードリンク

クリップアンドタイプというのをご存知でしょうか?
ワードは段落記号のある行にしか入力できませんが、入力したい場所でダブルクリックをすることで、任意の場所まで自動的に段落記号を補正してくれる機能です。

では、実際にやってみましょう。
よくあるのが、ワードアートや図などを配置した時に、その下に文字を入力したいという場合です。
こういう状態です。

入力したい、下の四角の枠の位置をダブルクリックします。
(実際には、枠はないので、その辺りということです。)

すると、その位置まで段落記号が移動し、文字が入力できるようになります。

先に図形などを配置して、その下に文字を打とうとした時に図形が下に移動してしまうという話もよく聞きます。
これなら、それを回避できます。

また、ダブルクリックする位置は、左端に限りません。
真中でダブルクリックすれば、自然と中央揃えになります。
ダブルクリックする位置に合わせて、ワードが自動調整してくれます。

スポンサードリンク

2007年03月02日 17:20