Excel編

ゴールシーク

スポンサードリンク

ゴールシークって知っていますか?
目標数を設定して、逆算して必要な数を調べることが出来ます。
初級では出てこない機能なんですが、結構便利な機能ですよ。

言葉で説明するのは難しいので実際にやってみましょう。
セルA1に「1」、A2に「2」、A3に「=A1+A2」と入力してください。
すると、A3には合計の「3」が表示されると思います。

ここで、ゴールシークの出番です。
メニューバーの「ツール」−>「ゴールシーク」とクリックし、
「数式入力セル」に「A3」、「目標値」に「10」、「変化させるセル」に「A1」を入力してください。
そして、「OK」ボタンを押すと、A1の数値が「8」に変わったと思います。
これがゴールシークの機能です。

「数式入力セル」に入力したセルの数式の答えが、「目標値」になるように、
「変化させるセル」を変化させたということです。
今回は、「A3を10にするように、A1を変化させた」ということです。
通常、Excelでは、数式を使うことが多いので、便利です。
目標の売上を達成するには、どれだけの数を売れば良いかとかを判断できます。

ちなみに、ゴールシークは答えは変化させるセルは一つしか指定できませんが、
「ソルバー」という機能を使えば、複数選択できます。
「ソルバー」は初期設定では使えず、「アドイン」という追加機能を使う必要があります。

スポンサードリンク

2006年03月24日 12:07